要するに、”暫定”ステータスのPAプログラムは若いPAプログラムです。 暫定プログラムは、認定を卒業する資格がある前に3-5年間存在する可能性があります-継続しています。

しかし、暫定的な手段が完全に認定されていないという一般的な誤解がありますが、そうではありません。

暫定プログラムは、PAプログラムを認定されています,しかし,彼らは新しいプログラムであるとして、,彼らのレビュープロセスは、”継続”認定を持つプログ

暫定指定されたプログラムは、継続的な状態に達する前に三段階のプロセスを経ます。 最初のレビューフェーズは、開発から暫定的に行われ、最初の学生コホートの計画された開始の6-12ヶ月前に行われます。

第二のレビューは、最初のクラスの卒業の約半年前に行われます。 そして、プログラムが暫定から継続に移行する資格がある第三および最終的なレビューは、第二のレビューの18-24ヶ月後に行われます。

仮プログラムが第二または第三の仮審査中にARC-PAの基準を満たさなかった場合、彼らは”仮保護観察”に置かれ、定期的になるよりも早くレビューで特定された問題を再評価するために、暫定的で集中的な現場訪問のためにスケジュールされることができる。

Continued

Continuedは、ARC-PA規格に準拠している現在認定されているプログラムに付与された認定ステータスです。 「現在認定されている」プログラムには、継続、暫定、または保護観察されているプログラムが含まれます。

認定審査時にこれら三つの指定のいずれかを持つプログラムが要件を満たしている場合、彼らは”継続”ステータスが付与されます。

継続的な認定を付与されたプログラムは、次の包括的なレビューが必要とされる前に、最大10年間認定される可能性があります。

多くの将来のPAsは、これらが最高品質のプログラムであることを意味する”継続”ステータスを解釈します。 しかし、これらは、単に彼らの最新のレビューの時に必要な基準を満たすために彼らの能力を実証しているものです。

理論的には、継続的なステータスプログラムが保護観察に向かって世話をしている可能性がありますが、誰も数年間賢明ではありません。 そして、継続的なステータスプログラムは、彼らがレビュー期間前に回復することができたので、検出されずに行った認定要件に一時的な経過を持ってい

プログラムをARC-PA規格に沿って取得し、維持するために働くことは簡単なことではありません。 “継続”の状態を達成することはプログラムのための大きい業積である。

しかし、申請者として、プログラムの品質のためのスタンドインとしてプログラムの「継続」ステータスを使用することの制限を理解することが重要で

保護観察

私たちは最終的に最も恐れられ、はるかに、最も誤解された認定ステータスに到着しました:保護観察。

将来のほとんどのPAsが保護観察のプログラムを考えるとき、彼らはいつかクラスに現れ、窓が乗り込んだのを見つける可能性があると信じていま

現実には、それはそのように起こりません。 限り、あなたのプログラムは、日に保護観察にあるように1(あなたは、PAの学校を開始する非常に最初の日),あなたは、認定プログラムに出席するだろう,

あなたはあなたのPAプログラムを終えて卒業することができるでしょう—これを支配する地域の認定要件と連邦規制があります。 卒業後、あなたは、あなたのボードのために座ってライセンスを取得し、ちょうど他のプログラムと同様に、PAとして練習することができるだろう。

PAプログラムは、最大二年間の保護観察にすることができます。 認定審査があなたに影響を与えるためには、PAプログラムに受け入れられてから始めるまでの間に、それは窓の中で起こらなければなりません。

このすべてを考えると、2つの質問が残っています:

1。 不完全に時限ARC-PAの検討は潜在的にプログラムを始めるあなたの機能に影響を与えるか。

2. なぜ保護観察プログラムがあるのですか?

認定ステータスを掘り下げる方法

あなたが良いフィット感のように思えるPAプログラムに興味があるなら、あなたはその次の認定レビューのタイ

それが継続的なステータスプログラムであっても、あなたが始める前にレビューのためにアップしている場合、それは保護観察に行く可能性があり、そ

すべてのプログラムは、現在の認定ステータスだけでなく、彼らのウェブサイト上で彼らの次のレビューの予想される日付をリストする必要があります。 また、ARC-PAのウェブサイトですべてのプログラムの次回のレビュー予定日を見つけることができます。

面接時とプログラム開始時の間に次の認定審査が予定されている場合は、そのウィンドウで現在の認定ステータスが変更される可能性があります。

継続的な認定ステータスプログラムはまれに見直されているため(10年ごとに覚えておいてください)、その短い時間枠でレビューが行われる可能性は低

しかし、最悪のシナリオ(総騒乱のプログラムは別として):継続的なプログラムは保護観察に行き、まだあなたが出席することを可能にする有効な認