あなたはルイジアナ州のQuitclaim証書について知っておく必要があるすべて

何世紀にもわたって、人類は最高の点で不動産/財産を開催しており、何世紀にもわたって、人類は言った財産への利益または所有権の財産移転を確実にするための最良の戦略のいくつかを考案しました。 考案されたツールの一つは、quitclaim証書です。

しかし、それは常にそこにあったわけではありませんでした。 Quitclaim証書(これは1800年代半ばに米国でのみ導入されました)の前に、調査、土地特許、および令状がありました。 そして、これらの前に、儀式がありました。 Seisinのカラーリングはそのようなものであり、書面および/または口頭の契約が関与していたが、不動産、特に土地の譲渡は、土地の一部を譲渡する人に土地の購入者/受取人に土地から小枝を与えさせた。 幸いなことに、私たちはもうそのいずれかに対処する必要はありません。 今日では、不動産の移転、特に愛する人への移転を容易にするために必要なのは、行為です。

quitclaim証書とは何ですか?

quitclaim、非保証証書、またはquitclaim証書フォームとも呼ばれ、不動産の移転を容易にする法的拘束力のある手段です。 あなたが愛する人、企業の信頼に言った財産へのあなたの権利を伝えるか、放棄したい場合は、権利の移転を示すためにこの証書に署名する必要があ Quitclaimは、不完全ではあるが、財産権を移転する最速の方法の一つであり、その結果、誤っているにもかかわらず、迅速な請求証書と呼ばれています。

自分の利益を移転する当事者は、権利の受領者が付与者である間、付与者と呼ばれています。

なぜquitclaimは不完全な行為ですか?

法的拘束力があり、法律によって認識されていますが、quitclaimは、いかなる保証もなく、財産に対する権利の伝達を容易にします。 これが意味することは保証の行為のような他の法的伝達の器械とは違って、ルイジアナのquitclaimの行為は行為の実行の時にgrantorによって握られる興味を この楽器は、付与者が彼らから権利を伝えているプロパティの実際の所有者であることを保証するものではありません。 要するに、quitclaimでは、タイトルの保証はありません。

権原の保証がなければ、権原に将来的に問題/欠陥がある場合、権限付与者に対する法的手段はほとんどなく、他の場合には法的手段はありません。 そのような少し保護と、quitclaimの使用は頻繁に互いをよく知っている党か家族間の使用のために推薦されます。

タイトルの欠陥

上記のように、権利者が不動産の請求を終了したときに権利者が受け取るタイトルには、譲渡された権利の損失を意味する問題があ これらのタイトルの欠陥は異なり、タイトル検索が実行されると頻繁に明るみに出ます。

欠陥には、公的記録の誤り、財産上の未知の先取特権、または違法行為が含まれます。 その他の問題には、未公開の抵当権、相続人の行方不明、偽造、境界問題、未知の地役権、または未発見の意志

未発見の意志については、後で誰か他の人を財産の相続人と命名した意志が開示された場合、被付与者は財産に対する権利を没収しなければならないことに注意する必要があります。 最後の意志はquitclaimよりも優先されます。

あなたの配偶者に不動産の権利/利益を転送したい場合は、行為の転送は、任意の住宅ローンの債務からあなたを免除しないことに注意してください。 権利の移転にもかかわらず、抵当ペーパーはまだ負債に責任がある党として示す。 だから、あなたはまだ支払う必要があります。 これはまた離婚を通って行くとき適用する–あなたの元にあなたの権利を移しても、離婚手続きの間に別の理解に来なければ、まだ、抵当負債のための責任を負う。

quitclaimの有効性の要件

オンラインでの非保証証書サンプルは、この法的文書が特定の形式で準備されなければならないことを明らかにします。 始めるには、無料のLouisiana quitclaim証書フォームをダウンロードする必要があります。 このフォームは印刷可能なPDFとして提供されます。

  • 法令によると、民法1839では、あなたの自由証書フォームはいくつかの最小要件を満たさなければなりません。 要件には次のものがあります:

    • 行為は書面でなければなりません

    • その実行(quitclaimの署名)は、公証人の存在下で行われるべきである。 公証人がいなければ、執行は法律の他の権限のある役員の前で行うことができます。

    • 実行中に、2人の独立した証人がいるはずです。

    • 権限付与者は証書に署名しなければならず、権限付与者と権限付与者の署名の下で、入力された名前または印刷された名前を添付する必要があります。

    • 売却は立ち退きに対する保証を提供する必要があります。

    • 権限付与者と権限付与者のために、必要な本質的な詳細のいくつかは、彼らの完全な法的名前、婚姻状況、彼らの本籍地だけでなく、彼らの完全な郵送先住所が含まれています。

    • 権限付与者が結婚している場合は、配偶者の法的名前と婚姻状況の変更を詳述する声明を含める必要があります。

    • 文書には、住所と市のIDを含む財産の完全な法的説明も含まれている必要があります。 ID番号には、印刷された、刻印された、または弁護士または公証人の名前を入力したものが添付されている必要があります。

    • 支払われた対価の量の暗唱も重要です。

記録

文書は実行後すぐに記録する必要があります。 ルイジアナ州で採用されている録音スタイルは、”レース通知”録音法令に従っています。 この法律は、quitclaimを記録する最初の当事者は、紛争が発生した場合に財産の所有権の優先権を保持する当事者であることを規定しています。 第二の被付与者が財産のために多くを支払った場合でも(善意の購入者)、財産の行為の早期記録は、第二の被付与者が財産に対する権利を持たないこ そうでなければ、最初の被付与者は財産に対する権利を失うことを余儀なくされるでしょう。

適切な記録の必要性はさらにCC517で主張されており、財産が所在する教区の公有地記録に記録されていない限り、財産所有権の自発的な移転は有効ではないと指摘している。 記録は、所有権の変化を国民に認識させ、それはまた、所有権の連鎖を保持し、被付与者に土地へのいくつかの権利を提供する。

ニューオーリンズ、シュリーブポート、バトンルージュ、Metairie、レイクチャールズ、Houma、Kennerまたはルイジアナ州の他の都市であなたの居住用財産のためのquitclaimを準備しますか? 今日始めるためにここに私たちの無料quitclaim証書フォームをダウンロードしてくださ