あなたはモンタナのQuitclaim証書について知っておく必要があるすべて

あなたは合法的に、あなたの配偶者、姪、ま 簡単なプロセスを介して取得し、お金を節約するためにquitclaim証書を取得します。 不動産に関しては、所有権の移転は行為によって促進されます。 これらの行為の一つは、quitclaim行為であり、それは最高の、最速の、そして財産所有権交換の最も安いフォームを提供しています。

具体的には、quitclaim証書は、ある人から別の人への財産権の移転を容易にする法的拘束力のある文書を指します。 しかし、この文書は、財産権の伝達を容易にする–これらは、行為の実行時に付与者が保有する権利であり、唯一のものである。 混乱? そんなことはしないで あなたがquitclaimを使用する前に、あなたはその行為がタイトルに何の保証もないことを知る必要があり、後で権利者が財産の正当な所有者ではないことが これは、タイトルの状態に任意の保証を提供しません。 それは誤って迅速な請求行為として知られているが、行為はまた、quitclaim行為フォームまたは単にquitclaimによって行きます。

一方、あなたは、付与者/買い手に明確な保証の約束を与える不動産証書を持っています。 これらの行為は、タイトルの問題が発生した場合に権限を付与された人に法的手段を与える保証行為です。 保証証書を使用する場合は、タイトル証書が実行され、証書に問題がないことが明確になったら、証書を発行することができます。 これらの行為は、タイトルの保証を持っています。

  • quitclaim証書を使用する場合

    • 家族のメンバー間の不動産の転送。 あなたは(親から)あなたの子供、兄弟、または家族の他のメンバー間であなたのタイトルの法的転送を確保するために証書を使用することができます。

    • また、追加したり、不動産のタイトルからあなたの配偶者を削除するquitclaimを使用することができます。 夫婦が結婚した後、配偶者の名前を居住用財産のタイトルに追加することは一般的ですが、離婚時には配偶者の名前を削除することが一般的です。 Quitclaimsは離婚中に一般的ですが、プロパティからあなたの配偶者の名前を削除しているか、行為からあなたの名前を削除している場合、プロパティはあなたの名前の両方で抵当されている場合は、quitclaimingは、住宅ローンの債務からあなたを解放しないことを知っている必要があります。

    • タイトルから雲を削除することはquitclaimのおかげで可能です。 雲はタイトルの欠陥です。 最も一般的な欠陥は、その行為に誤ってある名前です。 一般的なケースは、カップルの離婚が、元配偶者の名前が行為に残っているときです。 あなたは行為/クリアクラウドから自分の名前を削除したい場合は、quitclaimを使用することができます。 Quitclaimを使用して排除することができる他の欠陥には、公的記録の誤り、未公開の先取特権、未公開の抵当権、相続人の行方不明、境界の問題、および約束されていない意志が含まれます。 遺言といえば、最後の意志がかなり優先されることを知っておくべきですクレーム。

    • 財産権を生きている信託または信託に移転することは、quitclaimを使用して行うことができます。

    • タイトル所有者の名前の変更

    • あなたの法的所有権を法人またはLLCに移転する。

モンタナ州の有効なQuitclaim証書

正常に法的quitclaimを実行するには、最初に無料のモンタナquitclaim証書フォームをダウンロードする必要があります。 この印刷可能なPDFフリーフォームは、quitclaim処理部分でご案内しますテンプレートとして機能します。

  • 統計でのquitclaimsの法的使用にもかかわらず、州内でのquitclaimsの使用を支配する特定の法令はないことに注意することが重要です。 あなたのquitclaimを準備するように、以下の要件は、しかし、あなたを案内します。 モンタナ州コードは、タイトル70の下でこれらの要件を支配します。 要件には次のものがあります:

    • 行為は、タイトル上の任意の保証なしに不動産のタイトルの転送のために使用されるという事実,そして行為は、プロパティを転送すること”そのまま.”

    • 証書は、完全な法的名前と権限付与者と権限付与対象者の郵送先住所を持っている必要があります。

    • それは、プロパティの完全な法的説明を添付する必要があります–名前、調査、およびプロット番号、他の仕様の中で。

    • それは準備者、法的名前、郵送先住所、および署名の細部を持たなければならない。

    • その行為が居住用財産の移転を実施するために使用される場合、その行為には、被付与者がその財産に対する権利をどのように保持したいかに関す 法律の下では、プロパティを保持する三つの主要な方法があります:共同テナントと共通のテナント。 少なくとも二人の間で所有権を付与するために使用される場合、転送は、自動的に、そして状態が別の配置を提供していない限り、共通の配置でテナントを作成します。

    • 証書はまた、権限付与者と権限付与者の両方によって署名され、公証人の存在下で承認されなければならない。

    • 記入されたら、証書は記録のために郡の事務所に提出する必要があります。 不動産/付与者を転送する部分は、郡の事務員とレコーダーの両方でフォームを提出し、不動産転送証明書に署名する必要があります。 フォーム/ファイルを完了するために失敗行為は、最大statutory500の法定ペナルティを魅了しています。

行為の記録は、搬送の下でプロパティが基づいている郡で行われなければなりません。

この証書に署名したにもかかわらず、郡が他の購入者や住宅ローンへの財産移転の建設的な通知を確実にするために、それを記録することが重要で 記録は、タイトルのチェーンの保存のためにも重要です。

だから、その制限があっても、quitclaimは不動産移転に使用するのに最適な行為の一つであることは明らかです。

ビリングス、ボーズマン、ヘレナ、ミズーラ、カリスペル、グレートフォールズ、またはモンタナ州の他の都市の居住用財産に関する権利を譲渡しますか? 始めるために今ここに私たちの無料quitclaim証書フォームをダウンロードしてくださ