ユニークでカラフルで贅沢な、これらはインドの中心地、パンジャブの属性です。 世界中で人気があり、区別され、パンジャブの文化は確かに圧倒されています。 おいしいパンジャブ料理は、これまでにないようなあなたの味覚芽をappeases。 カラフルな派手な服とBhangraは他に何も好きではありませんあなたを魅了します。 パンジャーブ州を訪問するときは、もてなしと心温まるバイブを体験することができます。 パンジャーブ人は非常に有用で、歓迎し、誇りに思っている人々であることが知られています。 彼らは心を開いてみんなを歓迎します(そしてもちろん、ラッシと典型的なパンジャブ料理のガラス)。 彼らは素晴らしい料理、音楽、踊りやお祭り騒ぎで、偉大な熱意と熱意で彼らの祭りを祝います。 パンジャブの美しさは、それがなるように魔法のようです。

パンジャブとパンジャブの人々Sabhyachar

パンジャブの文化、パンジャブの文化
ソース

パンジャブ人は主に二つのコミュニティに分かれています:KhatrisとJats。 彼らは長い間農業に関わってきました。 しかし、今、貿易と商業も州で開かれています。 大規模な人口はまだ今ではユニークであることが判明している共同家族システムに従います。 彼らは悲しみと幸福の瞬間にお互いにあることを約束するように一体感は簡単にここで感じることができます。

パンジャーブ人は彼らの伝統と関係に非常にこだわっています。 すべての祭りや儀式は厳密に守られている事前定義された儀式を持っています。 それは誕生や結婚式、髪の切断や葬儀であってもよい、儀式への遵守は、それらに応じて関係を強化し、適切な社会的真心を表示する必要があります。

パンジャブ文化の食べ物

パンジャブ文化、パンジャブの文化
ソース

インド人や他のコミュニティの好きな料理の一つは、パンジャブ料理は味とスパイスが豊富です。 チャパティスに溢れたギーで、ここの食べ物は心の強い人のために考えられています! ラッシはここで爽やかな飲み物であり、ウェルカムドリンクとしても知られています。 これは、特にそれらのために、牛乳の非常に重い線量は、北インドからではありませんです。

マッケ-ディ-ロティ(トウモロコシのパン)とサルソン-ダ-サーグ(マスタード-リーフ-カレー)はパンジャーブのもう一つの伝統的な料理である。 Chole Bhathure、Rajma Chawal、Paneer Naanのような他の多くの食品がありますが、巨大なお気に入りの一つはタンドーリチキンです!

パンジャブ文化のドレス

パンジャブの伝統的なドレスは非常にカラフルでユニークで活気に満ちています。 女性はSalwar kameezを着用します(Salwarは下の着用で、kameezは上の着用です)。 これらの服は複雑に設計され、美しくマルチカラーで家庭で刺繍されています。 男性は大きな誇りを持ってターバンを着用しています。 当初、ヒンズー教徒やイスラム教徒もターバンを着用していましたが、今ではシーク教徒だけが着用しています。 上半身にはクルタが、下半身にはだぶだぶとバルーンっぽいパジャマであるテーマットが着用されています。 好ましい履物は、長年にわたって男性と女性が着用する伝統的な履物であったJootiです。

パンジャブの民俗舞踊

パンジャブの文化、パンジャブの文化
ソース

パンジャブと他の国で非常に人気のある多くの民俗音楽や踊りがあります。 そのうちの一つは、また、西洋で非常に人気となっているBhangraです。 このダンスの形式は、パンジャブの農家が収穫の季節を歓迎するために実行するために使用されるときに何年も前に始ま GiddhaとSammi、LuddhiとDhamalは、この地域のいくつかの他の人気のある踊りです。 パンジャブ音楽もボリウッドで人気となっています。 パンジャーブ人は彼らのお祭り騒ぎのために知られており、音楽はそれの不可欠な部分を形成しています。

パンジャブの文化、パンジャブの文化
ソース

これらのダンスフォームは、主にBaisakhi祭りで実行されます。 特に男性を含むパフォーマンスは、ドラムと音楽のビートに与えられています。 人々は公演中に頭にターバンと手にハンカチを持ってクルタとテーマット(絹と綿で作られた衣服)を着用します。

言語と宗教

パンジャブの文化、パンジャブの文化
ソース

州の公用語はパンジャブ語であり、これはコミュニケーションに使用される地元の言語 一つだけのローカル言語がありますが、地域に多様な地域を使用する多くの方言があります。 地元の方言のいくつかは、Doabi、Ghebi、Malwai、Pahari、Shahpuri、Rachnavi、Hindkoなどです。 興味深いことに、パンジャブ語のスクリプトは、インドのGurmukhiとパキスタンのShahmukhiです。

パンジャブには多くの宗教が存在します。 しかし、主要な人口はパンジャーブ州のインドの状態で構成され、ヒンズー教徒とシーク教徒のものです。 ヒンズー教徒では、ハトリスが最も顕著であり、バラモン、ラージプート、バニヤも見られる。 シク教徒の人口は、シク教の起源のために州で特に高いです。 パンジャーブ州には多くのシーク教徒の宗教センターがあり、アムリトサルで最も有名な黄金の寺院を忘れないようにしてください。 インドのパンジャブの人々の中には、イスラム教徒、キリスト教徒、ジャイナ教徒がいます。

パンジャブの結婚式の習慣

パンジャブの結婚式
ソース

前結婚式の儀式は、二人の家族による関係の受け入れを意味する非公式の婚約で その後、婚約指輪を交換するカップルとの公式の婚約であるMangni/Sagaiに続いてChunni Chadhaiが来ます。 結婚式の数日前に、Mehendiのアーティストは、すべての女性の友人や家族が参加した花嫁の手に複雑なデザインを作成するためにMehendiの機会に呼び出されます。 通常、同じ夜には、独身パーティーとほとんど同じであるSangeetとして知られている音楽の夜があります。 サンギートの陽気で楽しい夜の後、いくつかの伝統的な儀式は、花嫁の家で行われるChoodha ChadhanaとKalideに続いて、Kangna Bandhnaで始まる動きに設定されています。 HaldiとGhara Ghardoliは、両方のために行われる二つの儀式です,彼らはウコンと白檀の厚いペーストで覆われているとき、新郎新婦バラ水とマスタードオイルと混合. 新郎新婦は、最寄りの寺院を訪問し、聖水を浴びて、結婚式の主要部分のための準備を開始しています。 SehrabandiとGhodi Chadnaは結婚式の前の儀式を終わらせます。

主な結婚式の機能は、結婚式の会場に新郎と彼のパーティーを歓迎する儀式であるAgwaniとMilniから始まります。 歓迎が続くのは、varmalaまたは花嫁と新郎の間の花輪の交換です。 新郎はその後、水のボウルとMadhuperkと呼ばれる甘い飲み物のボウルを提供されています。 Kanyadaanの儀式は、花嫁の父親によって満たされ、新郎に彼女の世話をするように頼みます。 Kanyadaanの心に触れる儀式の後、カップルが神聖な火を四回一周し、カップルが結婚して宣言されているMangal Phereです。 結婚式の日は、三度Lajhomと呼ばれる神聖な火に米フレークを提供する犠牲的な儀式で終わり、sindhoor Daanは、花嫁の額とsindhoorと髪のパーティションを塗るために新郎の儀式

結婚式後のゲームは、両側の家族や友人が積極的に参加するすべての結婚式の楽しい部分です。 お祝いやゲームの後、花嫁は彼女の両親にさよならを言わなければならないお祭りのための最も心に触れる瞬間であり、頬を転がす涙は、これらの瞬間 花嫁は新郎の家に歓迎され、Muh Dikhaiと呼ばれる最後の儀式は、儀式の終わりと一緒に幸せな生活の始まりを示します。

文学と哲学

パンジャブの文学は、主にシーク教の教祖からの文章といくつかの詩で構成されています。 また、Janamsakhisとして知られている教祖Nanakの著作は、発見された最も古い文学の本の一つです。 GorakshanathとCharpatnahのようなヨギのいくつかの精神的な哲学も利用可能です。 しかし、主要な文学は、詩とスーフィー音楽とガザルの開始から始まりました。 いくつかの有名な物語には、Waris ShahのHeer Ranjha、Hafiz BarkhudarのMirza Sahiba、Fazal ShahのSohni Mahiwalなどがあります。 現代のパンジャブ語の作家には、Bhai Vir Singh、Puran Singh、Dhani Ram Chatrik、Amrita Pritam、Baba Balwanta、Mohan Singh、Shiv Kumar Batalviが含まれています。

パンジャーブ人は高潔で自由主義的な人々です。 インドの中心部に居住し、彼らは最大限の熱意を持ってすべてのイベントや祭りを祝う柔らかい気立ての人々です。 彼らは活気に満ちた歴史と文化で活気に満ちています。 彼らはラッシーと民俗音楽を楽しむのと同じくらい酒とお祭り騒ぎを楽しむ。 パンジャーブ語は現在、世界の多くの地域、特に米国とカナダで見つけることができます。 しかし、彼らは土地を移しましたが、彼らの文化は今日でも彼らの中に吸収されています。 彼らは世界中で彼らの祭りを祝い、他の人が彼らの文化の一部であることを歓迎します。 そして、あまり驚きに、パンジャーブ人は世界中で愛されています。